愛・地球博ボランティア講座,ボランティアリーダ研修を受講した私の感想です。
ボランティアリーダ研修より
・参加型という事で従来の研修法と異なり楽しく参加できました。(初回感想)

・日ごろ感じている事を文章化するのは難かしく、更に人に伝えるには困難と再確認しました。(3回目感想)

ボランティア講座より
・今日は全盲の方の講師による点字等の講座でした。本で読むより御本人の話しの方は実感があり日々のご苦労が伝わりました。誰しも手助けしたいが、躊躇しているのでは・・。そんは場面で一歩となる勇気の大切さを知りました。

・アイマスクをして視覚書障害者の擬似体験をしました。ほんの数分でしたが、想像以上に不安を感じましたが、今後のボランティア活動の上で良い体験になりました。

・今日は盲導犬についてでした。今回で視覚障害関係が終わりますが私は手話からボランティア活動を知りましたので、他の活動は全く知らないので、大変良い機会になっています。やはり他の活動を知る事も大切ではないかと感じた今日です。

・今日の講座は車椅子介護についてです また言語の不糟由な方が講師となり 車椅子介護する側とされる側の体験をしました 印象に残っているのは常に相手に確認する姿勢が大切との言葉です。ややもすると自己本意になりがちですが心がけたい言葉でした。