奉仕員・ガイドヘルパー研修会

本日、県に登録された手話通訳者、要約筆記奉仕員、盲ろう通訳ガイドヘルパーの研修会がありました。
講演は 笹島診療所
藤井克彦氏による「ホームレスとわたしたち」でした。
講演の中で「人間は、他社と共に行きてこそ「人間」であり、物質的に豊かであっても。差別や抑圧があるところでは、豊かではない。共に喜び共に苦しみ、助けあって生きること。そういう社会をつくることが必要ではないか。」がとても印象的でした。
野宿者を排除する社会ではなく野宿をしなくてもよい社会が正常な社会である事を意識しました。
自分の活動に置き換えると「各種の障害がハンデではなく、個性であり、カバーし合える社会の現実」ではないかと感じました。
「ボランティア」と呼ばれる行動が「自然」なものになる事が、ある意味「夢」です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。