先のプログ「ちょと一息」で20年前の25,25で見た映画を紹介しました。
同時期に全国盲ろう者協会が設立(平成3年3月)されました。

先日届いた盲ろう者の専門誌 「コミュ二カ」には特集記事になっていました。
当時の少数派の方々の礎があり今日の盲ろう者福祉につながったのではと記事を拝見しました。

25年以上前にろう者と知り合い、手話を学び、ろう者の実態を知り障害者運動に関わりました。
現在、足踏み状態が続いています。
何が出来るでは何がしたいか、まずは動く事が大切と分かりかけてきましたが・・・

今回の記事で動き始める事、継続する事の大切さを再認識しました。