朝にお知らせした「発達障害ってなぁに?普通ってなぁに?~精神科医医療につながれない子供たち~」を聴講しました。

・最初は主催者の日本ホメオパシーセンターの比嘉さん
ホメオパシーの動画は以前にYouTubeで見た内容でした(^-^)

•二番目は精神科医の増田さやか先生です。最初は患者さんのため薬での治療に重点を置いていましたが、疑問をもたれて治療方針を転換されたとの事です。

薬に疑問を持ち精神科医を辞めない理由が感銘を受けました。

重度知的な方が叫んだり暴力行為を行うので近所の手前、介助し易さから内向薬を着服させる介助のあり方に疑問を持ちつつも投薬を続ける自分の生き方に、問題点を知りつつ改善姿勢を貫く増田先生先生の講演は身にすまされました。

専門医として活躍される先生と組織の一職員として責任はあるが権限がない介護職員では対応に雲泥の差がある気がしましたが気構えは学ぶべき点が多いです。

・トリは有名な小倉譲氏です。
精神科医の薬づけの弊害を訴えられ動画が多く公開されています。

創られた「発達障害」の診断法も解決法も無いことを訴えられています。
統計データを元に客観的に説明がありました。

その中で「真実を知ることの大切さ、責任を持ちほど幸せになれる責任は知識から」が印象的でした。

wp-1462438162763.jpeg

実際に活動されている方と、講演という形を通してリアルに話しを聴くことで思いが伝わる感じがしました。

—–

こちらのブログですが体裁のいいサーバータイプ(wordprss.org)からブログタイプ(wordprss.com)に戻しました。

ブログを通して伝えたい事が沢山あるので見栄えより、facebookに確実に反映されるタイプにしました。