「千里眼(小説)」の読みすぎ!

「千里眼」の異名を持つ臨床心理士・岬美由紀の小説の中で

『ある目的(例えば公園のアイスクリーム売り場で商品を購入する)のため対象者の深層心理をついて,あたかも自分の意思で行動させる場面』がありました。

今月初めからなんとなく「ボー」としており,自分以外からコントロールさせているのではと考えると笑ってしまいました。

皆さんは経験はありませんか?!あなたが意識しなくても周囲の方が誘導しているかも?!
このプログを読んでいるのも実は私が仕組んだ事かも?!(笑)

【松岡圭祐著・角川書店】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。