仕事に一息つき、次の大阪・姫路の始まる前のひと時
久しぶりに映画を見ました。

SP革命編です。
以下はパソコンだけですが
映画「SP」公式サイトでストーリ、見所が紹介されています。
yahoo!で「sp革命編 ネタバレ」と入力すると内容が分かります。

見た感想は映画館で見る醍醐味がありアクションも楽しめました。
最後は「完結」とは言い切れない含みがありました。

これは続編への伏線かあるいはこの世にある「悪」はなくならいないのメッセージかは意見が分かれるところでした。

なんとなくすっきりしないのでTSUTAYAへ1991年に公開された『波の数だけ抱きしめて』を借りに行きました。
20年前の映画で,ずっと印象に残っていたがテーマが分からなかったが最近、映画の名前が分かりました。
当時の感動が甦ってきた。
パソコンで見たため映画ほどの迫力はなかったが良かった!

映画と言えば「北野武」監督の『あの夏、いちばん静かな海。』も印象深かった。
これも1991年公開,歳で言えば25,6でよく映画に行ったように記憶している。

TSUTAYAではプラス100円で近所のポスト投函できる新?サービスがあったのでこれを利用すれば
返却の手間はなくなり助かる。