マインドフルネスについて

【Facebook記事の一部修正しました。】

マインドフルネスの事をいつもの事ながら長々と書いていて最後の瞬間にフリーズして消えて、とてもがっかりした。
多分ここまで心の働きをも観る「マインドフルネス」でしょうか。
人はどうしても理由づけしたくなるので、これは「天からのメッセージで書く」なと言うことと考えたりする。

マインドフルネスについて
『(日本マインドフルネス)学会では、マインドフルネスを、“今、この瞬間の体験に意図的に意識を向け、評価をせずに、とらわれのない状態で、ただ観ること” と定義する。
なお、“観る”は、見る、聞く、嗅ぐ、味わう、触れる、さらにそれらによって生じる心の働きをも観る、という意味である。』

人は五感に入った客観的な現象を過去の経験フィルターを通して、どうしても自分の価値観で物事をみて判断します。何もフィルターがかかっていない状態を感じることでしょうか?

この世界はイリュージョンと言われたりするが、五感で入ったものを価値観(フィルター)を通してしまう。

今を感じるのはとても大切な事だと思うので、今日明日はおこなってみようと思います。

ただ物事にメリット、デメリットがあります。デメリットを知った上で自ら選択するこたが大切かと思います。

ここから先はデメリットと思われることを書きます。マインドフルネスの究極は瞑想と同じで自我を感じきること。

これは脳(思考)が入らない状態ですので、常に思考して考える事が必要な仕事もあります。

例えばバスの運転手さん、仕事時間に行えばどうなるか分かると思います。
運転は常に思考が必要です、と言うより人間の特徴です。

現代社会に常に思考する事が求められているので「マインドフルネス」が必要になるのでしょう。

まだ書きたりないですが、取り敢えずここまでにします。
心と魂の話題が大好きでついつい書きすぎてしまいます。(*^^*)

マインドフルネス参考さいと
http://decinormal.com/2016/05/15/mindfullness/

☆~☆~☆

何か胸の底から幸福感が沸き上がって泣きそうになった。

なんでもないような日が、幸せだった・・
幸せはすぐ手元にあった、幸せを探し求めることはなかった。