参議院選挙・組織表と個人経営店

今朝、選挙結果を新聞で見ました。
選挙区と比例代表の2つの投票をしました、選挙区はこれといったのがなかったので調べました、一番の政党や立候補者がいない時は最悪なって欲しくない所を勝たせないために有力な対抗馬に投票して当選しました。

比例代表は期待を込めて弱小団体に投票しましたが・・・

テレビニュースを見て、組織票の強さを感じました、新しい流れで新人の方が立候補されSNSで呼び掛けられ友人からも多くのシェアがあり密かに期待していました。

専門家の評論を見ると人としては立派だか政治家としての戦略は未知数のような記事でした。

~~

私は大企業と言うか大組織は嫌いでした、皮肉な事に今の職場が40~50人規模から200人規模になってルールが増えて来ました。
駐車場の申請や給料の手渡しから振込に、メールのセキュリティー対策、メンバーの証(社員証)まで大企業なみのルール化、効率化が進められています。

昔、数人の社員が親会社に吸収合併する中で大組織するのを目にして幹部から話しで、人の規模が大きくなるに従って色々な考え意見の人が増えてくる、だから明文化やルールや時にはペナルティーが必要になると実情を聞きました。

~~

関連していつも立ち寄る個人が経営する喫茶店が金曜日から回転灯が回っていなかなったので、今朝様子を見に行くと張り紙があって「店主体調不良につき7月13日から再開して8月20日に閉店」とありました。

私は個人オーナーでゆったりした店内が好きでしたが ゆったりと言う事は客が少ないと言う事で商用ベースで考えれば行く先は想像できます。

しかし、こうして閉店を目の当たりすると感慨深いものを感じます。
先の話しに関連してお店で言えば集客、政治で言えば標になります。

まだはっきり見えていませんが、この先に自分が使命・天職というのを見つけて人々に訴える(伝える)必要性を感じた時に手段として大組織がバッグが必要となるかなと思ったりします。

その時は多分綺麗事ではなく、命を使う=使命を見つけた時ですが・・
最近はfacebookやブログで「覚悟」の文字が目に付くようになりますが、ソロソロでしょうか?!

現在は自分のスポットを見つけるためと集客等を含めて森野御土日古(もりのおとひこ)さんの講座で学んでいます。

合わせて自分のビジョン(抽象的です)を発掘して、日々ビジョンに向かうためのスキル、人々に自分の想いを伝えるテクニックをくにさきしずかさんから学んでいる。そんな状況です。