初めてのスマホとお別れと共に歩んだ道

現在持っているsoftbannkスマホは明日21日で2年目を越します。
携帯電話代の軽減を目的に新しい(番号)のY!mobileスマホに変更します。

AUのガラケーからsoftbankスマホに乗り換えたのは日替わりの現場で都度、地図をプリントアウトして持ち歩くストレスを減らすのが目的でした、仕事で「地図」「ナビ」を使用するために変えました。

3度目の職場環境の大きな変化の時に入手しました。
1度目は大手電機メーカーの現場管理、2度目は派遣社員として大手情報板メーカに勤めました。
何れも携帯電話やパソコンは入社と同時に貸与され仕事環境に不便を感じた事はありませんでした。

初めてスマホに乗り換えるきっかけになった会社は派遣社員から正社員に安定した身分になるのが目的でした。
しかし現場管理の部署はまだ整備されておらす作業服、携帯電話等の配布中の段階でした。

経費週6泊×6千円=3,6万円と食費2千円×6=1、2万円、諸々の諸経費を含めて5.5万円/週で月に20万以上の立替で当時は仮払い制度はありませんでした。

ただ宿泊出張費は6千円/泊×6泊=3.6万円/週で月に15万円近い小遣いが入りました。ただ半分は食費等で消えましたが・・・

その前の派遣社員時代も含めて出張費=小遣いでスピリチュアルな講座、資格を取得しました。
最後は小遣いは多くあるものの立替が大きな負担になり、ある時は入金の遅れてカードがストップして現金が手元になく、口座のある銀行で急遽キャッシュサービスを申し込んだり、カード払いと入金の確認で疲弊した事もありました。

立替を気にしなくてよい出張(宿泊)がない会社に転職しました、立替は高速代位で日々清算して数日中に現金が手に入りました。
大金を立替なくて良い反面、出張費は0になりました。

その会社の車の大半はカーナビがないためにスマホが大変役に立ちました。

そして今年の転職で立替は交通費(マナカ)1万円、弁当代程度になり何れも領収書持参で即現金化されます。
じんさんのブログによく「ブレーカーが飛ぶ」表現がありますが私は大金を持つ器ではなかったかなと感じます。

現在、スマホで使用しているのは乗換案内とプライベートで付随しているナビ(地図)を活用しています。
方向音痴の私にナビは必要不可欠な安心材料として持ち歩いています。

お世話になったsoftbankスマホさんも明日解約を行い、その足で売りに出す予定です。
本当に色々あった2年間を思い起こしていました。

御機嫌よう