「子供の頃、大きくなったら何になるの?」の質問が聞かれた。大人になると無縁になる言葉です。

9月になり自宅~現場まで車で1.5~2時間かかるので、この時間に自己啓発CDを聞いてみようかと思った。
2冊購入した。1冊は「聞きながら成功する」もう1冊は「富(CDブック)」です。

1冊目の書籍に入っていた冊子がとても印象的でしたのでここに紹介します。

黄金の17法則より
1.今のままでいいですか?
「ぬるま湯」から、あなたはいつ飛び出しますか?
熱い湯の中にカエルを入れると「熱くてすぐに飛び出す」。しかし、序々に熱くしていくと「ゆで上がって死んでしまう」

「ぬるま湯」が今の生活環境に置き換えると、湯の温度があなたの内側にある大切な何かを蝕(むしば)んで、死に至らしめるまで。
ぬるま湯を飛び出し、生き残るには、あなた自身の決断と勇気が必要不可欠だ。

2.エレフェント・シンドローム
インドでは、小象の時に大きな竹に繋ぐ。はじめは自由を得るために何日か苦闘したあげく、自分の努力が無駄だったことを悟る。

賢い象がそうなれば、あとは簡単である。地面に小さい杭を打てば大きくなった象も、はじめに味わった無力感で、現状をただ受け入れるだけである。
あなたは「賢い象」になってはいけない。

以上、引用を終わります。
現状打破するには、なりたい自分を強く想像する。そして行動する事が大切です。

今日、娘の自転車を修理していると町内会の運動会?のお誘いがあった。いつもなら「運動音痴」の私はすぐお断りするが、今回は「苦手な事にも手を出す良い機会」と承知しました。

よく、転職は35歳までと云われるがこれは「新たな物事に対する積極的思いがなくなり、自分の経験を押し付けるため」ではないかと思う。

1964年生まれの私は、今年44歳。自分に対して新たな可能性を期待して「幼子(おさなご)」のような純粋な心でいたいと思う。
社内ではいい歳したおっさんなので、それ相応の振る舞いは必要かと思うが・・・