心の絆について

中日新聞・朝刊で「結いの心」 サブタイトル「トヨタの足元」、今は「カローラの魂」が連載されています。

トヨタは「カイゼン」で有名かと思います。その底に流れていた「人とつながり」について書かれています。
わが社も同様に「経費節減」の目的で「遊び」がなくなっています。
社員の会話の中でも「目的そのものの趣旨及び大切さは理解できるものの、そこまでして」との声が聞かれました。
車のハンドルでもある程度の「遊び」が必要であり、「遊び」がなければハンドル操作が即、車の動きにつながり危険と聞いた事があります。

「心のある経費節減」が出来ないかと思う今日この頃です。

今日24日は「人は合理化できない」の見出しでした。
【中日新聞 結いの心 カローラの魂6から】
「むちゃなコスト削減で町工場の心は離れ、社内の絆も弱まり・・・
が印象的でした。

中日新聞のホームページhttp://www.chunichi.co.jp/article/feature/yui_no_kokoro/で内容が見れます。