ボランティア活動について

最近、ボランティア活動のシンクロニシティ(不思議な偶然の一致)について
・20年前千葉での研修期間にろう者と出会い「手話」を知りました。手話の全国大会で難聴者と出会い「要約筆記」活動を開始しました。その中、盲ろう者に会い「指点字」そして「点字、点訳」活動を始めました。
・サークルの関係で「知的障害者施設での勤務」「ダウン症、自閉症の子」と衣食を共にしました。
サイトを通して「内部障害者」の方の実情,「世界のまずしさ」,
そして「除細動器AEDで助かる命」がある事を知りました。
今、考えて見ると不思議な偶然の一致の連続でした。
これらの事を多くに方に知って頂く事がある意味「使命」ではとフト感じました。もちろん知る事と活動していく事は別かと思いますが・・・・。