盲ろう者通訳ガイドヘルパー研修会

昨年から 盲ろう者通訳ガイドヘルパー研修会が始まり今年も始まりました。
参加は任意で参加費は1回500円です。

平成20年度 盲ろう者通訳ガイドヘルパー研修会 内容
1. 6月21日(土)特別講演「裁判員制度~もしあなたが選ばれたら~」
2. 8月 2日(土)基調講演「対人支援のあり方(予定)」
3. 8月23日(土)基礎理解「①盲ろう者通訳ガイドヘルプサービス提供の基礎②事例検討会Ⅰ」
4. 9月14日(日)当事者理解「盲ろう者として望む、通訳ガイドヘルパーの姿」
5.10月19日(日)特別研修「聴覚障害を持つ盲ろう者通訳・ガイドヘルパーについて」
6.11月23日(日)現場理解「事例検討会Ⅱ」
7. 2月 7日(土)基調講演「静岡県の盲ろう者の情報保障について」

感想
1.研修会では同じガイドヘルパーが顔を合わせます。終了後の自由懇親会(喫茶店)がないのは残念ですが・・・

2.
主催(派遣元)が名身連聴覚言語障害者文化センターのため圧倒的に手話を主体とした通訳者が多い気がしました。

盲ろうになる方は「見えない」からより「聞こえない」からくる方が多いと記憶しています。理由は「通常の音量で耳」を酷使した場合と「目を酷使した場合」では後者の方がダメージを受けやすいためと聞いた事があります。

その他
要約筆記通訳奉仕員(手書き・パソコン)の受講料が25.000円(テキス代、教材費は別途)には驚きました。私が受講した時代は実費程度だったように思います。

名身連聴覚言語障害者文化センターHP:http://www.meishinren.or.jp/chogen/

壊れた柄杓と桶

浮浪雲(ジョージ秋山作)にこんな1シーンが印象に残っており、自分が置かれた環境に相似しているように感じた。

井戸から水を汲むのに底が抜けた柄杓と桶ではどちらも水が貯まらないように思う。しかし桶さえしっかりしていれば柄杓についた水滴でいずれなみなみと水が溜まると。

柄杓は相手(周囲)であり桶とは自分を差している。今の環境に満足出来なくても、自分さえしっかりしていれば運(環境)は好転できると信じて・・・

夢中になれるものは・・・その2

mixiでハワイのセラピー・カード「マナ・カード」を見つけました。
ちなみにマナカードとは、ハワイのイラストが描かれた44枚のカードです。 

会員の@niftyで「マナ・カード~ハワイの英知の力~」の占いをしました。

結果は
≪運命はどう変化する?
目立った動きはない。大きな転換や、突然の出来事などは起こってこない。
平穏な日々を送ることができます。
これからは先、心に余裕が持てる時期なので、自分の好きなことができる期間として、有意義に時間を使っておきましょう。≫でした。

まあ、焦っても仕方がないので「今」に感謝し「今」を楽しめればと思います。

夢中になれるものは・・・

最近、自分がどんな活動をしたいのか判らなくなった。

仕事が多忙になり手話サークルから離れた。
その後、出張先での手話サークルがきっかけになり、近所の手話サークルに行したが気が合う人も見つからなかった。縁とは不思議なものである。

盲ろう者向けの指点字を学びたく「点訳サークル」を見つけた。
点訳を行って見ると、孤独な作業に一抹の寂しさを感じた。

今になってボランティアを始めたのは「人と触れ合い」たく始めた事が判ったように思う。

そんな中でmixiやロープレイングでの会が新鮮に感じた。
何か自分が夢中になれるものが見つかれが思う今日この頃です。

皆さんが熱中しているもの、そのきっかけは何ですか?!